お役立ち・生活

尼崎市のUSBを紛失した委託業者はどこ?個人情報を流出した社員の名前や顔画像も!

 

兵庫県尼崎市に住む約46万人分の住民の個人情報データが入ったUSBメモリーが紛失したと報じられましたが無事見つかりました。

尼崎市は委託業者である旧日本ユニシス、現在BIPROGY(ビブロジー)株式会社関西支社の関係社員がUSBを紛失してしまったそうです。

関係社員とは一体誰で名前や顔画像も特定されているのでしょうか?

今回は「尼崎市のUSBを紛失した委託業者はどこ?個人情報を流出した社員の名前や顔画像も!」と題してまとめてみました。

この記事で調べた内容はこちら!

・尼崎市の個人情報USBを紛失した委託業者はどこ?
・尼崎市の個人情報USBの中身は?
・尼崎市の個人情報USBを紛失した社員の名前や顔画像は特定されてる?

それではさっそく本題に入って行きましょう!

尼崎市の個人情報USBを紛失した委託業者はどこ?

尼崎市の個人情報USBを紛失した委託業者はどこか尼崎市のホームページで公開されています。

尼崎市の個人情報が入ったUSBを紛失した委託業者はBIPROGY(ビブロジー)株式会社関西支社です。

尼崎市のホームページ情報がこちら!

昨日6月23日に紛失していたことを発表しましたUSBメモリーについて、本日24日にBIPROGY株式会社からの連絡により発見されたことが判明しました。

引用元:尼崎市のホームページ

 

 

 

尼崎市の個人情報USBの中身は?

尼崎市の住民の個人情報が入ったUSBの中身にはどんな情報が入っていたのか気になりますね。

尼崎市のUSBに入っていた個人情報はこちら!

尼崎市民に関する情報が以下の通りです。

・名前
・郵便番号と住所
・生年月日
・性別
・住民となった年月日
・住民の税情報
・生活保護世帯や児童手当世帯の情報

・銀行口座の番号
・世帯情報 

上記の情報が入っていました。

紛失したUSBに入っていたデータは尼崎市民の住所や名前だけでなく、銀行口座の番号までも入っていたということで驚きますね。

個人情報について詳しくは尼崎市のホームページにも記載されています。

全市民の住民基本台帳の情報(46万517人分)
統一コード、氏名、郵便番号、住所、生年月日、性別、住民となった年月日など

住民税に係る税情報(36万573件)
統一コード、住民税の均等割額

非課税世帯等臨時特別給付金の対象世帯情報
(R3年度分7万4,767世帯分、R4年度分7,949世帯分)
世帯主の統一コード、申請書番号、申請受付日、申請書不達理由、振込済処理日時など

生活保護受給世帯と児童手当受給世帯の口座情報(生保1万6,765件、児手6万9,261件)
統一コード、金融機関コード、支店コード、口座区分、口座番号、口座名義

(注意)統一コードとは、庁内システムで使用する番号であり、マイナンバー(個人番号)のことではありません

引用元:尼崎市のホームページ

 

尼崎市の個人情報USBを紛失した社員の名前や顔画像は特定されてる?

尼崎市の個人情報USBを紛失した社員の名前や顔画像は特定されてるのでしょうか?

現時点で尼崎市のUSBを紛失した委託業者BIPROGY(旧・日本ユニシス)の社員の名前や顔画像は特定されていません。

 

ネット上では中国関連では?などと様々な憶測が垣間見られいます。

そしてなんとメルカリに偽の尼崎市のUSBが出品されるくらい話題になりました。

偽物と分かって良かったですね。

尼崎市の個人情報が入ったUSBが紛失された経緯を簡単にご紹介します。

尼崎市の個人情報が入ったUSBが紛失された経緯

尼崎市の個人情報USBを紛失した委託業者の社員は46万人分のデータを入れたUSBを持ったまま飲食店で飲酒し泥酔し路上で就寝してしまいました。

個人情報USBが入った鞄ごと紛失してしまい、会社にも申告せずに休んでUSBを探していました。

委託業者の社員はUSBを探しましたが、見つからず会社に連絡し、尼崎市は会見を開きました。

話題になっている尼崎市の会見内容がこちら!

・尼崎市民の個人情報データUSBのパスワードが13桁

・パスワードは一年毎に変更している

 

この会見で尼崎市がUSBのパスワードの桁数のヒントを出してしまったことで、会見後「amagasaki2022」がトレンド入りしネット上で話題になりました。

ネット上では尼崎市のUSBパスワードが「amagasaki2022」と予想していたようです。

まとめ

今回は「尼崎市のUSBを紛失した委託業者はどこ?個人情報を流出した社員の名前や顔画像も!」と題してまとめてみました。