ライブ

BE:FIRST配信ライブの画面録画・保存方法!無料で簡単にできる方法を紹介!

 

ボーイズグループ発掘オーディション『THE FIRST』から誕生したから日本人男性7人組ダンス&ボーカルユニット「BE:FIRST」(ビーファースト)!

初のワンマンライブ「”FIRST” One Man Show – We All Gifted. – 」

2021年11月5日(金)に決定しました!

そして当日会場に足を運べない方のためにHuluでは2021年11月5日(金)22時~オンライン配信も決定しました。

そして、アーカイブ配信も2021年11月12日23:59まで決定しました。

 

かっこいいBE:FIRSTのライブが見れるので楽しみにしている方も多いと思います。

その中には、BE:FIRSTの「配信ワンマンライブを録画保存したい!」「いつでも楽しみたい!」いうファンも多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回は「BE:FIRSTオンラインライブの画面録画/保存方法!無料で簡単にできる方法を紹介!」と題して、BE:FIRSTのオンラインライブを簡単に録画保存できる録画方法「画面録画」をご紹介していきたいと思います!

今回調べた内容はこちら。

・BE:FIRST配信ライブ画面録画方法①「GameBar」
(Windows10)

・BE:FIRST配信ライブ画面録画方法②「VideoProc」
(WindowsとMacに対応)

・BE:FIRST配信ライブ画面録画する際の注意点は?

こちらについてまとめてみました。

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!


BE:FIRSTオンライン配信ライブの画面録画方法①「GameBar」(Windows10)

「BE:FIRST」初のワンマンライブ「”FIRST” One Man Show – We All Gifted. – 」のオンライン配信ライブを画面録画(保存)する簡単な方法の1つ目は、

『Game Bar』と言う「Windows10の画面録画機能を使う保存方法」です。

 

これは、Windows10搭載の内臓録画機能を使って画面を録画できます。

特別なアプリやソフトをインストールする必要がないため一番簡単にできる録画方法です。

『Game Bar』を簡単に説明すると、Windows10内臓のツールで、主にXboxでのゲームプレイを録画したり、スクリーンショットを撮るのに使われています!

 

それでは、手順をご紹介します。

もし、この機能が使えない場合は、

「設定」⇒「ゲームバー」⇒「オン」で機能を有効化してくださいね。

 

Windows10内臓の機能で画面録画する『Game bar』使用方法

①Windows10の「設定」から「ゲーム」を選択 。

画面のように、「ゲームバーを使って~ブロードキャストする」の文章を「オン」にする。

 

②録画保存したい画面(ウインドウやアプリ)の上で

「Windowsボタン」+「G」ボタンを押してゲームバーを起動する。

③画面左上に表示される「キャプチャ」にある「今から録画の●ボタン」(円形のアイコン)を選ぶと画面録画が開始されます。

マイク音声を録音したい時はマイクボタンをクリックして録音することもできます。

④録画を完了する時は、「録画停止」(正方形のアイコン■)を選んで終了します。

録画開始・停止のショートカットキー:「Windows」+「Alt」+「R」です!

⑤録画した動画は、MP4に変換され、「ビデオ」フォルダの「キャプチャ」に保存されます。

こちらの動画でもWindows10の画面録画の使い方を分かりやすく解説していましたので、参考にしてみてください。

 

この画面録画は簡単に操作できますが、注意点もあります。

・画面録画できるのは、1つのウインドウやアプリのみ可能!

・複数のウインドウやアプリを録画中に切り替えたり同時に録画保存することはできません。

・録画時間は最大2時間です。

MP4の動画形式で保存されます。

・スクリーンショットも撮影可能!

・一部のWindowsPCで使用できないことがあるので注意!!

 

「BE:FIRST」初のワンマンライブ「”FIRST” One Man Show – We All Gifted. – 」を録画保存するのに心配なことは、録画時間ですね。

ゲームバーを使った録画可能時間は最大2時間なので、配信ライブが2時間を超えた場合は一度停止をして中断してもう一度録画を始める方法をとってください。

これで、連続ではありませんがトータル最大4時間までは保存可能です。

 

他に画面録画機能を使う時に注意しておくといい点としては、データ容量です!

配信ライブのデータを保存するのに十分な空き容量が必要なので、外付けのハードディスクなど用意しておくと安心ですね!

 

BE:FIRSTオンライン配信ライブの画面録画方法②「VideoProc」(WindowsとMacに対応)

「BE:FIRST」初のワンマンライブ「”FIRST” One Man Show – We All Gifted. – 」を画面録画する2つ目は、「VideoProc」というライブ録画ソフトを使う方法があります。

「VideoProc」無料で使えるライブ録画ソフトにも関わらず、広告なく簡単に録画した映像の編集も可能なソフトとなっています!

さらにWindowsとMacの両方に対応していて便利です!

PCやiPhone/iPadの画面を「見たまま」録画できるのがライブ配信以外にも使える優れ者です!

★「VideoProc」のダウンロードはこちらから。

 

「VideoProc」の使い方

「VideoProc」をパソコンにダウンロードしてしてインストール。

②「BE:FIRST」初のワンマンライブ「”FIRST” One Man Show – We All Gifted. – 」をフル画面再生して一旦停止し、「VideoProc」の起動画面にある「録画」ボタンをクリック!

③メニューバーにある「画面録画」⇒左下にある「1」という数字を選択し、パソコンのフル画面録画モードに設定。

④パソコンの内蔵音声にチェックを入れ、マイク音声のチェックを外す

⑤「REC」をクリックしたら、デフォルト設定「5秒」のカウントダウン後、パソコンのフル画面が録画開始されます。

「CTRL」+「R」を同時に押すと、録画が終了となります。

 

「VideoProc」の使い方はこちらの動画で見ることができるので参考にしてみてください。

 

BE:FIRSTオンライン配信ライブを画面録画する際の注意点は?

BE:FIRST配信ライブを画面録画して保存する方法をお伝えしましたが、画面録画はあくまでも個人で楽しむための私的利用に限ってください。

BE:FIRSTに限らず、多くのアーティストの配信ライブでは、配信ライブの映像の撮影や録音、録画などを禁止している場合がほとんどです。

また、録画した映像を販売・転載など行った場合は著作権侵害で罰せられる可能性も高いです。

以上の点を踏まえて、画面録画するかどうか判断してから使用してください。

まとめ

今回は、「BE:FIRST配信ライブの画面録画・保存方法!無料で簡単にできる方法を紹介!」と題して、

・BE:FIRSTオンライン配信ライブの画面録画方法①「GameBar」

・BE:FIRSTオンライン配信ライブの画面録画方法②「VideoProc」

・BE:FIRSTオンライン配信ライブの画面録画する時の注意点

以上についてまとめてみました。

配信ライブの録画保存は思ったより簡単にできそうでしたね。

しかし、あくまで録画保存した映像は個人で楽しむ私的利用に留めてください。

それでは、BE:FIRSTオンライン配信ライブを楽しみましょう!!

最後までお読みいただきありがとうございました!