人物

藤子不二雄Aの自宅は川崎のどこ?若い頃の家は藤子不二雄Fと近かった!

 

日本を代表する漫画家で「忍者ハットリくん」や「怪物くん」など数々の人気作品を手がけた、藤子不二雄Aさんの年齢は現在88歳です。

藤子不二雄Aさんの本名は安孫子素雄さん。

出身は富山県で、小学校の同級生だった故・藤本弘さんと2人で漫画家としての活動を始め、高校生のときに新聞に4コマ漫画が掲載され、デビューしました。

藤子不二雄Aさんは1954年に2人で上京し、藤本さんと共同の「藤子不二雄」のペンネームで「海の王子」や「オバケのQ太郎」などの人気作を手がけてたことで有名です。

一体どこの家に住んでいたのか気になりますね。

そこで、今回は「藤子不二雄Aの自宅は川崎のどこ?若い頃の家は藤子不二雄Fと近かった!」と題して、

・藤子不二雄Aの自宅は川崎のどこ?
・藤子不二雄Aの若い頃の家は藤子F不二雄と近かった!
・藤子不二雄Aの若い頃はアカデミー賞を受賞!

をまとめてみました。

それではさっそく本題に入って行きましょう!

藤子不二雄Aの自宅は川崎のどこ?

藤子不二雄Aさんの自宅の住所は川崎市多摩区の寺尾台にあります。

藤子不二雄Aさん(本名:安孫子素雄さん)の自宅の寺尾台の地図はこちら!

閑静な街並みです。

藤子不二雄Aさんの自宅が「生田」という噂もあります。

調査してみたところ、

①小田急線の生田駅の近くに藤子不二雄Aさんが住んでいる。
②生田には「生田スタジオ」がある。

上記の理由で、藤子不二雄Aさんの自宅が生田にあると思われていたようです。

しかし、実際は藤子不二雄Aさんの自宅があるのは生田駅の近くの寺尾台です。

藤子不二雄Aさんの自宅内の様子が分かる動画と画像はこちら!

 

 

藤子不二雄Aの若い頃の家は藤子F不二雄と近かった!

藤子不二雄Aさんの若い頃の家は藤子F不二雄さんの家と近かったです。

藤子不二雄Aさんと藤子F不二雄さんが若い頃、ときわ荘を出た後、川崎の東生田という場所に家がありました。

現在の藤子不二雄ミュージアムのすぐ近くです。

藤子不二雄Aさんの若い頃の家が藤子F不二雄さんとすごく近かったので、お二人の仲もとっても良かったと想像できますね!

そんな2人が手がけた漫画やアニメをみたい方はU-NEXがおすすめです!

U-NEXT<ユーネクスト>

藤子不二雄Aさんの漫画「キテレツ大百科」や「笑うセールスマン」「オバケのQ太郎」などもU-NEX1つで楽しめます!

いまなら31日間無料キャンペーン中です!

U-NEXT<ユーネクスト>

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

しかも今だけ無料登録すると600ポイントもらえます!

貰ったポイントで漫画やアニメ・映画も購入できるのが嬉しいですね!

さらにU-NEXはいつでも解約できるので安心ですよ。

藤子不二雄Aの若い頃はアカデミー賞を受賞!

第14階日本アカデミー賞を受賞した若い頃の顔画像がこちら!

藤子不二雄Aさんは、柏原兵三氏の長編小説『長い道』を自身が漫画化し、また企画プロデュースをした「少年時代」が映画化されています。

また、藤子不二雄Aさんはすごい経歴だけでなく、バラエティ番組でも活躍しています。

 

忍者ハットリくんのTシャツを着たタモリさんの画像も見つけました。

上記の画像は1981年9月27日の放送直前スペシャル『藤子不二雄劇場・忍者ハットリくんただいま参上!!』が、1時間番組として放送された時のものです。

番組パーソナリティはドラえもんと怪物くんで司会はタモリさんでした。

藤子不二雄Aさんは若い頃から元気で活気がり、親しみやすい人です。

これからも藤子不二雄Aさんの作品が多くの人に受け継がれていくことを願います。

まとめ

今回は「藤子不二雄Aの自宅は川崎のどこ?若い頃の家は藤子F不二雄と近かった!」と題して、まとめてみました。

日本を代表する漫画家で「忍者ハットリくん」や「怪物くん」など数々の人気作品を手がけた、すごい漫画家さんでした。

藤子不二雄Aさんの年齢は現在88歳。

自宅は川崎市の寺尾台にあり、若い頃は藤子F不二雄さんと自宅が近いことが分かりました。

性格も明るくて親しみやすい人だったようです。

多くの作品がこれからも受け継がれていくといいですね。