人物

平野歩夢が聴ている曲(音楽)が渋い!イヤホンはどこのブランド?

 

北京オリンピック2022のスノーボードハーフパイプ男子で見事金メダルに輝いた平野歩夢選手!

ハーフパイプの中でも難易度が高いトリプルコーク1440をオリンピックで初成功させてすごいですね!

弟の平野海祝選手は、自分が決勝に進めたのは平野歩夢選手に借りたイヤホンのおかげとも話しているんだとか!

平野歩夢選手のイヤホンのブランド(メーカー)や、どんな音楽を聴いているか気になります。

そこで、今回は「平野歩夢が聴ている曲(音楽)が判明!イヤホンはどこのブランド?」と題して、平野歩夢選手が聴いている曲(音楽)やイヤホンのメーカーを調べてまとめてみました!

この記事で調べた内容はこちら!

・平野歩夢が聴ている曲(音楽)が渋い!
・平野歩夢のイヤホンはどこのブランド?
・平野歩夢のイヤホンの通販はある?

それではさっそく本題に入って行きましょう

平野歩夢が聴ている曲(音楽)が渋い!

平野歩夢選手が曲どんな曲を聴いているのか気になります。

調べてみたところ、平野歩夢選手はヒップホップが好きで聴いているそうです。

北京五輪2022の3本目の時に聞いていた曲はヒップホップグループのTHA BLUE HERBの曲でした!

また、SNS上の情報によると長渕剛さんや尾崎豊さんの曲を聞くこともあるんだそうです!

【平野歩夢選手が聴いている曲(音楽)】

北京五輪の時:ヒップホップのTHA BLUE HERB(3本目)

『平野歩夢 二刀流』から:J-POP/長渕剛・尾崎豊など

平野歩夢選手と同じくトリノ五輪に出場した中井孝治さんがテレビ出演した際に平野歩夢選手はホップが好きでよく聞いていると話していました。

もしかすると北京オリンピックスノーボードのハーフパイプで金メダルを獲得した時も好きなヒップホップを聞いてテンションを上げていたのかもしれませんね!

平野歩夢選手の口からイヤホンで聞いている音楽(曲)については、嵐の櫻井翔さんのインタビューでも判明しています!

THA BLUE HERB(ザ ブルーハーブ)は北海道札幌市出身の4人組のバンドで1997年に結成してます。

フジロックやサマーソニックにも出演しているのでHIPHOPファンの平野歩夢選手も気に入って聴いています!

2021年のフジロックに出演した時に歌っている動画がこちら!

とっても渋くて泣けますね。

また平野歩夢選手が聴いている曲(音楽)についてSNS上ではこんな情報も!

SNS上の情報がこちら!

長渕剛さんと尾崎豊さんの曲(音楽)を23歳の平野歩夢選手も聞くんですね!

個人的な感想ですが、なんだか渋いしTHE男!!って感じです。

勝ってなイメージですが、洋楽やレゲエ音楽を聴いているかと思っていました。

日本の音楽を聴いているなんて今までより親近感が湧きますね!

平野歩夢のイヤホンはどこのメーカー?通販は?

平野歩夢選手がハーフパイプ中に身に付けているイヤホンがどこのメーカーなのか気になりますね!

調べたところ、平野歩夢選手のイヤホンは「beats by dr.dre beat」というメーカーのようです!

2018年の平昌オリンピックでも平野歩夢選手は「beats by dr.dre beat」というメーカーのイヤホンを使っていました。

Beats by Dr. Dre – Beats Flexなら最大12時間の再生ができるようなので、練習時間が長くても充電が持ち!

10分の充電で1.5時間使用できる充電の早さや通話もできるとっても便利ですね!

平野歩夢選手が使っているイヤホンがこちら!



弟の平野海祝選手も北京五輪で借りたイヤホンに力をもらったと話しています!

弟の平野海祝選手も決勝に進めた平野歩夢選手がつけていたイヤホン!

弟に勇気をくれた縁起がいいイヤホンとして購入者が増えそうですね!

 

平野歩夢選手は練習や試合の時にイヤホンで曲を聴いている理由は「音楽を聴いて集中するため」だそうです!

いつもと違う環境でも、普段から聴いている音楽を聴いてリラックスして更に集中するルーティンにもなって試合に臨めるのかもしれませんね!

まとめ

今回は「平野歩夢が聴ている曲(音楽)が判明!イヤホンはどこのメーカー?」と題して、平野歩夢選手が聴いている曲(音楽)やイヤホンのメーカーを調べてまとめてみました!

平野歩夢選手が聴いている曲(音楽)はヒップホップでした。

北京五輪2022で金メダルを獲得した時に聞いていた音楽は「THA BLUE HERB(ザ ブルーハーブ)」というHIPHOPグループの曲でした!

また、その他に聴いている曲は、長渕剛さんや尾崎豊さんの曲も聴いていました!

身に付けているイヤホンのブランドは「Beats by Dr. Dre – Beats Flex」の可能性が高いことがわかりましたので、これから購入者が増えそうですね!