人物

【報道ステーションCM】制作会社・代理店はどこ?炎上の内容についても!

 

報道ステーションCMが毎日のように炎上しています。

WEB上のCMとして作成されたこの報道ステーションCMは、CMが22日に公開されてからすぐ批判が殺到してしまい、テレビ朝日の公式YouTube動画がその日翌日23日に削除されてしまい、テレ朝は謝罪文を発表する事態となっています。

このCMがなぜ炎上しているのかと言うと、CMに出演している女優(女性タレント)に「ジェンダー平等なんて時代遅れ」という一言が「女性蔑視」と捉えられているからです。

この報道ステーションのCMがどこの制作会社や代理店で作成されたCMなのか気になります!

また、なぜ炎上しているのか、何が問題になっているのかその内容についても詳しく知りたいですね!

 

そこで、今回調べた内容はこちら。

・【報道ステーションCM】制作会社・代理店はどこ?

・【報道ステーションCM】作成費用はいくら?

・【報道ステーションCM】炎上の内容についても!

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

【動画】報道ステーションCMの女優は誰?かわいいと評判! 報道ステーションのCMが話題になっています。 現在は、CMが炎上していまいCM自体は削除されていますが、CMに出演している...

【報道ステーションCM】制作会社・代理店はどこ?

報道ステーションCMは一体どこの制作会社や代理店が作ったものなのでしょうか?

3月29日現在、報道ステーションCMの制作会社や広告代理店に関しては公表されていませんでした。

東京新聞の取材では、制作会社(広告代理店)について「制作過程について答えていない」という事と、「責任はテレビ朝日」にあるということが書かれていました。

CMを制作したのは自社か広告代理店かについては、「制作の過程については従来お答えしておりません。責任はテレビ朝日にあります」とした。

引用:東京新聞

 

そこで、どこが制作しているか調べてみたところ、朝日放送グループのエー・ビー・シー開発株式会社の可能性が一番高いということが分かりました!

朝日放送グループのエー・ビー・シー開発株式会社

エー・ビー・シー開発株式会社は、朝日放送グループの会社です。

テレビ朝日の関連会社ということで、可能性が一番高いのではないかとSNSでも噂されていました。

テレビ朝日の関連会社ということで、可能性はあるのではないかと思われます。

他の制作会社(広告代理店)の可能性もある?

その他には、電通と博報堂の可能性もあるようです!

電通は、ニュースステーション時代から電通がCM枠の半分の枠を買っていて、現在は電通1社がCM枠を握っているらです。

先日のオリンピックの開会式演出の渡辺直美さんの演出で佐々木宏氏が辞任した時と同じ匂いがするという意見もありました。

博報堂は、日本の大手広告代理店で、電通と博報堂は2社合わせて「電博」と呼ばれているので、今回の報道ステーションCMも可能性があるのでは?とSNSで予想している方もいました。

報道ステーションCMの制作会社(広告代理店)は未発表のままで発表されないようです。

【報道ステーションCM】作成費用はいくら?

今回の報道ステーションのCM制作費用はネット上で情報がありませんでしたが、エー・ビー・シー開発株式会社を調べてみると、一般的な製作費は100万円~らしいです。

さらにテレビCMの場合は、ここに放送料が加わるようです!

その費用は、なんと500万円以上

合計で約600万円もの製作費がかかるようです!

 

放送費用というのはCM1回放送する度に金額が発生するので、放送局や地方によっても異なります。

放送費用は、安くて13万円~4万円で、東京のキー局だと175万円程もかかります!

 

テレビCM制作にはかなりのお金がかかっていることが分かりますね。

今回はWEB上のCMということで、ここまでの制作費やはかかっていないかもしれませんが、CM作成には多額の費用がかかることが分かりました。

 

【報道ステーションCM】炎上の内容についても!

SNSで炎上した報道ステーションのCMはこちら。

テレ朝で30秒版が公開され、Twitter版CMとして15秒版が公開されました。

CMに出演してる女優さんが「どっかの政治家が、ジェンダー平等とかって今、スローガン的にかかげている時点で、何それ、時代遅れって感じ」などと話した後に、「(報ステの開始時間の)9時54分!ちょっとニュース見ていい?」と発言。

その直後に、「こいつ報ステみてるな」という字幕が表示されて終わる。

これに対し、SNSでは「なんでジェンダー平等を掲げる政治が時代遅れなのか意味が分からない」「CM出演女優にジェンダー問題を語らせること自体がジェンダー問題!」など、SNS上で批判が殺到しました。

 

報道ステーションのCMがSNSで炎上してしまったことで、テレ朝はCMを削除しました。

その時、以下の報道ステーションCMについての謝罪文を出しましたが、「言い訳をしているように見える」とこれが更に炎上しました。

また報道ステーションCMに対し、制作会社や広告代理店が公表されない、そもそもこの炎上CMを承諾したテレ朝にも批判が殺到することになりました。

まとめ

今回は、「【報道ステーションCM】制作会社・代理店はどこ?炎上の内容についても!」と題し、炎上した報道ステーションのCMの制作会社や広告代理店はどこか、炎上した内容についても調べてまとめてみました。

テレ朝は制作会社や広告代理店は公表されておらず今後も公表しない方針のようです。

報道ステーションCMの内容もそうですが、ジェンダー問題については世界から日本は大きく遅れをとっているとされる問題なので、これからも議論されていきそうな難しい問題ですね。

報道ステーションというニュース番組のCMで今後はこのような問題が起きないことを願います。

最後までお読みいただきありがとうございました。