人物

川勝平太は中国人?国籍はどこ?メガソーラーの韓国企業を誘致した理由がやばい!

 

2021年7月3日に静岡県熱海市伊豆山で大規模な土石流・土砂崩れが発生し、多くの住宅が被害を受け、行方不明者も多く出てしまう災害が発生しました。

静岡県の川勝平太知事はすぐさま自衛隊に支援をし、その対応の早さが話題になっていました。

しかし、ネット上では熱海の土石流は川勝平太知事が推し進めていたメガソーラーの森林伐採が原因ではないかと噂されています。

 

川勝平太知事は中国と韓国に好意的で、毛沢東を敬愛しているので、「もしかして中国人?」「国籍は中国?」と言われていますが中国人なのでしょうか?

そして、川勝平太知事が公約ではメガソーラー反対と言いながら、実はメガソーラー推進派だった事実も明らかになりました。

川勝平太知事が韓国系企業のメガソーラーを誘致した理由がやばいらしいのでその調べてみました。

 

この記事で分かる内容はこちら。

・川勝平太知事は中国人?国籍は中国?

・川勝平太知事のメガソーラー推進派!

・川勝平太知事が韓国企業のメガソーラー誘致した理由がやばい!

それではさっそく本題に入っていきましょう!

川勝平太知事は中国人?国籍はどこ?

結論から言うと、川勝平太知事は、中国人ではありません。

川勝平太知事の両親も祖父母も日本人です。

また、「国籍も中国では?」と噂されていますが、川勝平太知事の国籍は日本です。

 

ネットでも中国人ではないかと噂になる程、中国寄りの発言が多いので噂になってもおかしくはないですね。

 

親中派である川勝平太知事は、過去を見ても中国や韓国を媚びる発言が多いです。

そんな静岡県知事である川勝平太さんは、毛沢東を敬愛する「新中政治家」で知られています。

川勝平太知事は20歳の頃に『毛沢東選集』全巻を読み、毛沢東の「農民(農村)が都市を包囲する」という理論に興味を持ったそうです。

そんな川勝平太知事は、2010年に訪中して北京の人民大会堂で当時の副主席である習近平国家主席と会談したこともあるくらいです。

こんなに中国の事を好きだという日本人は珍しいのでネットでは、川勝平太知事の国籍が中国の中国人?と疑った方も多かったのではないでしょうか。

川勝平太の子供(息子)や嫁の顔画像や年齢・名前!ネットの反応は? 静岡県知事の4期目を務める川勝平太知事。 川勝平太知事は今までにもその発言が炎上したり、中国との関係が問題視されています。...

川勝平太知事が韓国企業のメガソーラーを誘致した理由がやばい!

川勝平太知事が韓国企業のメガソーラーを誘致した理由は、事業者利益を優先してしまっているからです。

環境問題が懸念され地域住民が反対したにもかかわらず、川勝平太知事が韓国系企業のメガソーラーを誘致したのにはお金の匂いがプンプンしてくるように見えます。

メガソーラーは、その建設にあたって多くの木を切り倒してしまうことが原因で、土石流・土砂崩れのような危険性が高まることにより地域住民が危険にさらされ、環境問題への影響も懸念されています。

川勝平太知事が誘致したソーラーパネルの韓国系企業

川勝平太知事が誘致したソーラーパネルの韓国系企業は以下の通り。

・ハンファエナジージャパン(伊豆メガソーラーパーク合同会社)

・SUNホールディングス(SUN-K合同会社)

川勝平太知事が誘致したソーラーパネルの韓国系企業はそれぞれ問題を抱えているにも関わらず、川勝平太知事は設置を許可しています。

ハンファエナジージャパン

伊豆高原に大規模ソーラーパネルを設置する計画を打ち出した。

SUNホールディングス

メガソーラーパネルの飛散事故や伊豆高原での山の違法な森林伐採などが大きな問題となっている。

太陽光は再生可能エネルギーと言われていますが、そのパネルを設置するために多くの木々をなぎ倒し、環境を破壊し、パネルの種類によっては、セレン・鉛・カドミウムなど有機物質も含まれています。

2040年には太陽光パネルのゴミが大量に出てくる廃棄物問題まで浮上しています。

今こそメガソーラーや太陽光発電など、再生可能エネルギーについて再度見直す時期にきているのではないでしょうか。

川勝平太知事のメガソーラー推進派!

川勝平太知事は2021年の静岡県知事選挙ではメガソーラー反対と公約で発表していましたが、実はメガソーラー推進派であったことが判明しました。

川勝平太知事は、約3年前からメガソーラー事業を進めてきましたが環境問題を懸念した伊豆半島の地域住民の多くは反対していました。

特に静岡県伊東市で行われているメガソーラー建設計画はニュースとなったので、県内外の多くの方が周知していることだと思われます。

また、リニア問題でも度々ニュースになる川勝平太知事。

このリニアモーターカーは、環境問題になるからと反対していましたが、伊東市のメガソーラー建設計画は地域住民の反対していたにも関わらず、許可していたということで驚きますね。

熱海市伊豆山で起きた土石流・土砂崩れの災害に対しては、メガソーラー建設のため山を切り開いた森林伐採が原因と多くの方が噂しています。

川勝平太知事と熱海市伊豆山で起きた土石流・土砂崩れの原因がメガソーラーだった場合は、川勝平太知事への責任追及が大きく問われる事態になりそうですね。

まとめ

今回は、「川勝平太は中国人で国籍はどこ?メガソーラーの韓国企業を誘致した理由がやばい!」と題して、

静岡県の川勝平太知事は中国人なのか国籍についても調べてみましたが、中国や韓国が好きだというだけで中国人ではなく、日本国籍の日本人でした。

静岡県熱海市伊豆山で起きた土石流・土砂崩れは甚大な被害に見舞われました。

今回の災害の原因は特定中ですが、もし仮に川勝平太知事が誘致したメガソーラーが原因だとすると、川勝平太知事の責任も問われる事態になってくると想定できます。

ただ、このメガソーラーの件に関してはスパイだとか、いろんな疑惑がありますし、金銭的な問題の匂いがプンプンしますので、真相解明を願うばかりですね。

また新たな情報が入り次第、追記していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。