人物

コブクロ黒田の不倫相手A子のインスタ匂わせとLINEやり取りがヤバい!

 

コブクロの黒田俊介さんの不倫報道が文春砲で報じられました。

名曲を歌っているコブクロの黒田さんとはあまりにもかけ離れた衝撃的な報道に驚いた方やショックを受けた方も多かったのではないでしょか?

 

コブクロの黒田俊介さんは、2019年頃から30代の独身女性の不倫相手A子さんと交際していたことが判明しました。

不倫相手A子さんとは、昨年の2020年から関係が悪化し、コブクロの黒田俊介さんの方が距離を置くようになりました。

しかし、不倫相手A子さんは黒田俊介さんとのLINEのやり取り約400通をプリントアウトし、コブクロの黒田俊介さんの自宅に投稿したり、SNS・インスタに投稿するなどの行動に出て、精神的に不安定になり、自殺未遂を図ったそうです。

 

コブクロの黒田俊介さんの不倫相手A子さんがSNS・インスタにどんな投稿を行ったのか気になります。

また、コブクロの黒田さんは自身のインスタグラムを閉鎖(非公開)していますので、その閉鎖理由についても調べてまとめてみました。

 

この記事で分かる内容はこちら。

・コブクロ黒田の不倫相手A子のSNS・インスタ匂わせの内容!

・コブクロ黒田の不倫相手A子のLINEやり取り内容まとめ!

・コブクロ黒田の不倫相手A子が不倫相手になった経緯!

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

コブクロ黒田の不倫相手A子のSNS・インスタ匂わせの内容!

コブクロ黒田俊介さんの不倫相手女性A子さんがどんなヤバいSNS・インスタに匂わせを行ったのかご紹介していきたいと思います!

コブクロの黒田俊介さんの不倫相手A子さんがSNS・インスタで黒田さんとの関係を2021年2月頃匂わせていました。

おそらく、この頃は黒田さんとA子さんとの関係はすでに悪化していたと思われます。

 

不倫相手A子さんは、黒田さんから送られてきた独唱の音声データを自分のインスタグラム(SNS)にあげていたようです。

不倫相手A子さんしか持っていないデータにファンも「え?」と思ってしまいますね。

 

さらに、A子さんはコブクロ黒田俊介さんのハッシュタグを付けて、

「自分の欲望を満たす為だけに何人の人を傷つけてきたんですか 女は使い捨てですか」

と投稿しています。

 

A子さんは黒田俊介さんの事を許せない気持ちだったことが分かりますね。

不倫相手A子さんのインスタグラムを特定するには至りませんでしたが、黒田さんのインスタは閉鎖され、非公開になっています。

 

コブクロ黒田の不倫相手A子のLINEやり取り内容まとめ!

コブクロの黒田さんと不倫相手A子さんは頻繁に連絡を取り合っていました。

その回数は1日に約400通もLINEでやり取りしたいたそうです。

引用元:文春オンライン

 

LINE内容書き起こしたので、内容を確認していきましょう!

黒田:「超楽しみ」「17日の東京って何時くらいにこれそうかな?」

A子:「9時過ぎくらい!」

黒田:「飯21時半で押さえとくな」「ふぐ」

A子:「やった!ありがとうございます~」

 

黒田:「今どこ?」

A子:「大阪駅」

黒田:「五分やな」「新大阪まで」

「買い物しても20時半には新幹線乗れるな」「23時品川着」「23時20分グランドハイアットな」 

A子:「めっちゃせかすww」

 

引用元:文春オンライン

 

黒田:「したい!」「したい!」「したい!」

A子:「ちゅーもしたい」

黒田:「匂いかぎたい」

A子:「クンクンクン」

黒田:「ホッとしたい」

 

黒田:「ぎゅーしたい」

A子:「ぎゅー」

黒田:「顔みたい」

 

黒田:「今日会いに行ってもよろしいか」

A子:「え!ほんと?」「やったー!!」

文春内容から読み取る限り、最初は黒田さんの方が入れ込んでいたようですが、A子さんもハマっていったようです。

黒田さんと不倫相手A子さんとの関係は約1年くらいだったようです。

LINEのやり取りから親密ぶりがよく分かりますね。

不倫相手A子さんは、黒田さんにストーカー行為だと思われる程、相当のめり込んでいたことがLINEのやりとりからも分かります。

 

コブクロ黒田の不倫相手A子が不倫相手になった経緯!

コブクロの黒田俊介さんと不倫相手A子さんが不倫関係になった経緯をまとめてみました。

コブクロの黒田さんとA子さんが出会ったのは、2017年です。

コブクロ黒田さんと不倫相手A子さんとの経緯は以下の通り。

◆2017年秋 飲み会で知り合う。

・この時王様ゲームで黒田さんにA子さんがキスされる

・黒田さんはこの後何度か「会いたい」とA子さんを知人を通して誘う

 

◆2019年9月 再会 男女の関係になる

・月に2~3回程度、黒田さんが東京に行くときにA子さんも同行していた

・A子さんの家族にもブランド品をプレゼントなどをして親密な関係に

・些細なことで黒田さんとケンカが増える

 

◆2020年4月頃から2人の合う回数が減る

・黒田さんの態度が冷たくなり、A子さんは精神的に不安定になる

 

◆2020年11月 

・A子さんは、黒田さんとのLINEやり取りをプリントアウトし、黒田さんの自宅ポストに投函した

・黒田さんと音信不通になった

 

◆2021年1月

・黒田さんのインスタグラムにA子さんがダイレクトメッセージを送る

・黒田さんの代理弁護士から「直接連絡を取らないように」とA子さんに連絡が来た

 

◆2021年2月頃

・A子さんは自分のインスタ(SNS)に黒田さんから送られた”独唱のデータ”をあげる

・黒田俊介さんのハッシュタグをつけてインスタ(SNS)に不倫を匂わせる投稿をした

 

◆2021年4月8日 

・A子さんが黒田さんの代理弁護士に”自殺”メールを送る 

 

◆2021年4月11日 

・黒田さんの代理弁護士がA子さんに無事を祈るメールを送る

 

◆2021年4月13日 

・A子さんが自殺未遂をする

 

◆2021年4月21日 

・黒田さんの代理弁護士がA子さんの母に「”見舞金”として300万円支払う」という解決策の提案をする

以上がコブクロの黒田俊介さんと不倫相手A子さんが不倫関係になった経緯です。

それでは、もっと詳しく経緯を説明していきます。

 

2019年に2人が再会し不倫関係になる

黒田さんは知人を通してA子さんにアプローチし、2019年にA子さんと再会を果たしました。

そこで男女の関係になったようです

その後はA子さんの家族にもブランド品をプレゼントするなど親密な関係を続けています。

 

しかし、2020年2人の関係が悪化しLINEのやり取りをポストに投函!

2020年2月頃、黒田さんと不倫相手A子さんの関係が悪化してしまいます。

些細なことでケンカが増え、会う回数も減っていったようです。

徐々に黒田さんがA子さんに対して冷たくなっていきました。

A子さんは黒田さんが自分から離れようとしていると思い、精神的に不安定に

ある日A子さんは黒田さんとのそれまでの約400通ものLINEのやり取りのプリントアウトを、黒田さんの自宅のポストに投函しました。

 

A子さんはストーカーとみなされ、A子さんは自殺を図る

このLINEを黒田さんの自宅ポストに投函する行為などで、黒田さんはA子さんを「ストーカー」とみなし、代理弁護士を通して警告し、大阪府警豊中警察署にも相談しました

不倫相手A子さんは、1月にうつ病と診断され、4月13日に70錠以上の抗うつ剤と睡眠薬を服用して自殺を図りました

最後に黒田さん側から”手切れ金”のような形でお金の提案をしているという現状です。

それにしても、黒田さんの不倫相手A子さんは、相当黒田さんの事を思ていたことが分かりLINE内容をポストに投函したり、自殺未遂を図っていました。

A子さんの思いが強すぎて、黒田さん側も困っている様子が見えました。

 

コブクロ黒田俊介の謝罪文!

コブクロの黒田俊介さんは今回の報道に対して、謝罪しています。

コブクロ黒田、“不倫相手自殺未遂”報道謝罪も「クズすぎる」「これが本当のW不倫」の画像

引用元:コブクロ公式サイト

知名度も高くファンも多いコブクロなだけに、今回のコブクロの黒田さんの不倫報道は衝撃的でした。

今回の不倫報道を受け、コブクロは、2021年5月22日の配信ライブを会員限定で無料にすることを決定しました。

コブクロのライブに参加された方はご存じの通り、トークの多いコブクロのライブ。

なんとアフタートークはしない決定となりました。

これからは、初心に戻って音楽活動を続けていくそうです。

ファンにとっては、かなりショックだったコブクロ黒田さんの不倫報道。

2025年の大阪万博の歌はコブクロに決定していますが、変更される可能性も噂されています。

今後の音楽活動にかなり支障が出てきそうですね。

まとめ

今回は、「コブクロ黒田の不倫相手A子のインスタ匂わせとLINEやり取りがヤバい!」と題して、コブクロ黒田俊介さんの不倫報道が週刊文春で報じられ、その不倫相手A子さんのインスタなどのSNS匂わせがヤバいという内容について調べてまとめてみました。

ファンも多く、素敵な曲が多いコブクロの黒田さんの不倫報道だっただけに、もったいないなという印象です。

クリーンなイメージのコブクロ黒田さんの不倫報道、そして、同じくコブクロの小渕さんの過去の不倫。

遊んだツケも大きく出てきそうな気がしますね。

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。