人物

森本貴幸の判決は?パラグアイ法律を調査!飲酒運転ひき逃げで即アウト?

 

サッカー元日本代表FWの森本貴幸選手が、パラグアイで飲酒運転ひき逃げ容疑で逮捕されてしまいました。

日本では、飲酒運転の罰則が厳しいことで知られていますが、今回事故をおこしたのはパラグアイです。

となると判決はパラグアイの法律で裁かれることになります。

森本貴幸選手の罰則がどうなるのか気になります。

 

また、今後が期待され、日本の期待の星でもあった森本貴幸選手。

今後の選手生命は一体どうなってしまうのかも気になるところです。

 

そこで、今回は『森本貴幸の判決は?パラグアイ法律を調査!飲酒運転ひき逃げで即アウト?』題して、森本貴幸選手の実刑判決がどうなるのかパラグアイの法律を調査してみようと思います。

また、森本貴幸選手の今後の選手生命についても調べてまとめてみようと思います!

 

今回まとめた内容はこちら。

・森本貴幸が飲酒運転ひき逃げで実刑判決はどうなる?

・パラグアイ法律を調査!飲酒運転したらどんな罰則?

・森本貴幸のパラグアイでの選手生命はどうなる?

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

森本貴幸が飲酒運転ひき逃げで実刑判決はどうなる?

森本貴幸選手がパラグアイで飲酒運転とひき逃げの罪で逮捕されてしまいました。

実刑判決については、これから裁判が開かれる見通しのようです。

 

地方メディアによると、今回の事故は、森本貴幸選手が運転する車とバイクで接触事故を起こしたことが原因と見られているようです。

また、現地の報道によると、警察の調べで森本貴幸選手からはアルコールが0.41㎎検出されたようです。

 

この報道によると、森本貴幸選手は飲酒をしていたことは間違いなさそうに思われます。

アルコール血中濃度が、アルコール0.41㎖を超えている場合

  • ビール瓶:10本相当
  • 日本酒:1升超え
  • ウイスキーボトル:1本以上

となるので、森本貴幸選手はかなりのアルコールを摂していたようです。

 

また、アルコールの強さにもよりますが、アルコール摂取量が0.41㎖を超えてくると、以下のような症状も出てくるようです。

  • 意識がはっきりしない
  • 言葉がうまく喋れない
  • 立つことができない

いずれにせよ、飲酒運転は危険なので運転者はアルコール摂取してはなりません。

幸い相手のバイク運転手は命に別状なく、大きな怪我もないそうで良かったです。

森本貴幸選手が事故現場から立ち去った理由

なぜ森本貴幸選手は飲酒運転して事故を起こしてしまった後、その現場から立ち去ってしまったのでしょうか?

森本貴幸選手が立ち去った理由については、以下のように述べたと報じられています。

森本貴幸選手:「恐怖を感じて事故現場を離れ、土地勘がないために最寄りの警察署に行かなかった」

恐怖を感じたとしても、事故を起こしたらその場を離れてはいけないのは誰もが知ることです。

相手がもし怪我をしているかもしれない状況でそこを確認せず立ち去るのは、人間として疑われてしまいます。

森本貴幸選手の飲酒運転ひき逃げ容疑の実刑判決はこれからです。

どのような処分が下されるのか報道を待ちたいと思います。

 

パラグアイ法律を調査!飲酒運転したらどんな罰則?

パラグアイで飲酒運転した場合の法律に関しては、現在調査中です。

パラグアイの飲酒運転やひき逃げがどのくらい罪が重いのか、そして罰金・罰則なども気になりますが、情報が少なく分かり次第公開していこうと思います。

在パラグアイ大使館の在留邦人の手引きによると、(パラグアイの)夜間帯の運転は約1割が飲酒運転ともいわれていると書いてありました。

また、以下のような情報もありました。

パラグアイでは飲酒運転が交通事故で占める割合はなんと60%に及び、世界第7位となっています。(2011年時点での情報)

かなり多くの飲酒運転が行われているのがパラグアイの現状のようです。

これは、飲酒運転に対する意識が甘いのと、パラグアイの罰則がそこまで厳しくないからだと思われます。

パラグアイは交通事情が悪く、交通事故が決して珍しいものではないようです。

ちなみに世界の飲酒運転をした時はどうなっているかというと、

ロシア:運転免許停止、15万円以下の罰金
オーストラリア:3ヶ月の運転免許停止。免許停止中に運転すると罰金が科せられる
ノルウェー:1ヶ月半分の税込み給与に値する罰金
トルコ:7万円の罰金と約6ヶ月の運転免許停止
ブルガリア:3万5000円以下の罰金と6ヶ月〜2年の運転免許停止
マレーシア:14万円以下の罰金か6ヶ月以下の禁固、運転免許停止

引用:三栄書房

日本の飲酒運転の実刑判決とはずいぶん違う刑罰や罰金額ですね。

 

パラグアイでは、警察も対応することもあれば、しないこともあるよう。。

とある日本人がパラグアイで交通事故を起こした時には、

  • 相手は無免許&保険なし
  • 連絡先を残しいなくなってしまった
  • 自ら警察に名乗り出た

という流れで、罰則は国外に出るのは半年間NGという条件だけだったと言っていました。

交通事故を起こしてもこのような感じなのはお国柄が出ているのでしょうか。

パラグアイの飲酒運転やひき逃げをした時などの法律や罰則などについては情報がはいりましたら、また記事にしていこうと思います。

 

森本貴幸のパラグアイでの選手生命はどうなる?

森本貴幸選手の選手生命は、まだはっきりと確定していません。

現在パラグアイ1部スポルティボ・ルケーニョと1年契約を結んでいる元日本代表FW森本貴幸選手(32)。

日本に比べ、パラグアイの罰則が軽いと言われていますが、パラグアイの判決を待つしかない状況です。

森本貴幸選手の飲酒運転は、サッカーやコロナウイルスによるストレスの可能性もあるといわれているので、判決までに少し時間がかかる可能性があります。

しかし、サッカー一本でやってきた、森本貴幸選手の引退は囁かれていないので、引退の可能性としては低いと推測しています。

それにしても、デビューする前にこのような不祥事を起こしてしまった以上、パラグアイでの選手生命は短いかもしれませんね。

また、日本に帰ってきたとしても、サッカー選手として活動するのも難しいと思われます。

すでにネットでは森本貴幸選手に対する厳しい意見も多く上がっている状況です。

日本での森本貴幸選手の選手生命はかなり厳しいものとなっているのは間違いなさそうです。

今後のパラグアイの判決に注目です。

まとめ

今回は、『森本貴幸の判決は?パラグアイ法律を調査!飲酒運転ひき逃げで即アウト?』と題して、森本貴幸選手の実刑判決がどうなるのかパラグアイの法律を調査してみました。

また、森本貴幸選手の今後のパラグアイと日本での選手生命についても調査してみました!

パラグアイの飲酒運転の刑罰は日本よりだいぶ軽く、交通事情も日本とはかなり違うことが分かりましたね!

森本貴幸選手のパラグアイでの実刑判決はこれからですが、選手生命はあまり長くなく、日本での批判も多くあることが分かりました。

しかし、引退の可能性が低いとも言われていたので今後の判決や森本貴幸選手の判断に注視していきたいと思います。

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。