人物

村山輝星の父親(浩一)は元トライアスロン選手!遺言が泣ける!

 

NHKのEテレ「英語であそうぼ」やバラエティ番組で活躍する村山輝星(むらやま・きらり)ちゃん。

村山輝星ちゃんは笑顔がとっても素敵ですね!

24時間テレビ2022でオリンピックと同じ距離の全長51.5㎞のトライアスロンに142㎝12歳の村山輝星ちゃんが挑戦して話題になっています。

村山輝星ちゃんの亡き父親は元トライアスロン選手だったそうですが遺言も話題になっています。

父親はどんな人でどんな遺言だったのか気になりますね。

 

そこで今回は「村山輝星の父親(浩一)は元トライアスロン選手!遺言が泣ける!」と題してまとめてみました。

この記事で分かる内容はこちら!

・村山輝星の父親(村山浩一)は元トライアスロン選手!
・村山輝星の父親(村山浩一)の遺言が泣ける!

それではさっそく本題に入っていきましょう!

村山輝星の父親(村山浩一)は元トライアスロン選手!

村山輝星(きらり)ちゃんの父親の名前は村山浩一さんと言います。

父親は元トライアスロン選手です。

村山輝星さんの父親の浩一さんと母親の紘子さんの顔画像がこちら!


村山輝星ちゃんが6歳の時初めてトライアスロンの大会に出場しています。

ちなみに村山輝星ちゃんがランの練習の時にいつも聞いてた曲はSexyZone「RUN」だそうです。

24時間テレビではSexyZoneがトライアスロンをする村山輝星ちゃんに向けた応援ソングを歌いました。

村山輝星ちゃんは、どんなに疲れていてもトライアスロンのコースにお礼をすることを一番大切にしているそうです。

 

 

村山輝星の父親(村山浩一)の遺言が泣ける!

父親の浩一さんは村山輝星(きらり)ちゃんが2歳の時に亡くなりました。

父親の浩一さんの遺言がこちら。

「きらりが小学生になったらトライアスロンをやって欲しい。」

「人との繋がりを大切にすること。」

 

笑顔でトライアスロンをしていた父親のことを12歳の村山輝星ちゃんは今でも覚えています。

父親の浩一さんは2歳まで娘の村山輝星ちゃんに、本を読む楽しさや愛を伝えていました。

「叶うならいつかトライアスロンがしたい」と夢みながら亡くなった父親の浩一さん。

 

父親の遺志を継いで村山輝星ちゃんは24時間テレビのトライアスロンに挑戦し見事完走しました。

村山輝星ちゃんは本当に素晴らしいですね!

 

24時間テレビのトライアスロン企画ではお父さんの考え方に近づけるように頑張ったそうです。

トライアスロンを完走した時、村山輝星ちゃんは「達成感しかない」と言葉にしました。

 

お母さんに怒られた時は時間を無駄にした時、母親の紘子(ひろこ)さんに言われる言葉があります。

「今の時間を大切にしなさい。お父さんが生きられなかった時間を無駄にするんじゃない。」

「自転車乗る?早くなる?スイムも早くなる?」と母親に聞かれ「うん。」と答えた幼いきらりちゃんがトライアスロンで完走する姿には泣けてきますね。

 

まとめ

今回は「村山輝星の父親(浩一)は元トライアスロン選手!遺言が泣ける!」と題してまとめてみました。

村山輝星ちゃんの父親の浩一さんは元トライアスロン選手でした。

村山輝星ちゃんと同じく笑顔が素敵で優しそうなお父さんでしたね。

 

父親の浩一さんが残した遺言を24時間テレビのトライアスロン企画で達成する村山輝星ちゃんもすごかったですね!

村山輝星ちゃんは2歳までしか父親の浩一さんと一緒にいられませんでしたが愛情をいっぱい受けていたようですね。

父親の遺言が叶えられて村山輝星ちゃんも嬉しそうでした。