人物

隆大介の顔色が赤いのは病気が原因?若い頃画像も!妻や子供はいる?

 

黒澤明監督の映画「影武者」や「乱」に出演するなど個性派俳優として活躍した隆大介(りゅう・だいすけ)さんが4月11日に、頭蓋(ずがい)内出血のため亡くなっていたことが分かりました。

64歳だったそうなのでとてもお若くして亡くなられて残念に思われますね。

ニュースサイトで顔画像を確認すると、顔色が赤くて病気が原因のように感じられてしまいますので若い頃の画像も調べてみました。

また、妻(嫁)や子供はいたのかも気になるので、調べて、まとめてみました。

この記事で分かる内容はこちら。

・隆大介の顔色が赤いのは病気が原因?

・隆大介の若い頃画像!

・隆大介の妻や子供はいる?

それではさっそく本題に入っていきましょう!

隆大介の顔色が赤いのは病気が原因?

隆大介さんがお亡くなりになったとニュースで話題になっていました。

このニュースを見ると、隆大介さんの顔色が赤いのは病気が原因?と疑ってしまいたくなるような顔色をしていて、心配してしまいます。

先に調べてた結果からお伝えすると、隆大介さんの顔色は病気ではなく、ウォーキングをして日焼けしてしまったからだそうです!

生活のために、警備のアルバイトもしていたそうなので、屋外にいる時間が長くなったため顔色が変わってしまったということで、少し安心しました。

 

隆大介の若い頃画像!

隆大介さんを惜しむ声が多いですね。

隆大介さんは若い頃、『翔ぶが如く』や『平清盛』『B・J』など数多くの作品に出演されていました。

数多くの作品で活躍されていた名俳優の隆大介さん。

若い頃のカッコよく、凛々しい顔画像をいくつか見つけたのでご紹介します。

 

ネットでは隆大介さんを惜しむ声がたくさん届いてました。

隆大介さんの大河ドラマ出演歴

『黄金の日日』 神社の男 峠の群像 浅野内匠頭 翔ぶが如く 江藤新平 八代将軍吉宗 浅野内匠頭 平清盛 朧月 軍師官兵衛 小寺休夢

 

隆大介の妻(嫁)や子供はいる?

隆大介さんの妻について調べてみました。

一部では、結婚していたと記載されている情報もありましたが、妻・子供に関する情報がありませんでした。

世間の認識では結婚して妻がいたとされているようです。

おそらく一般女性で、子供がいるかは不明です。

 

「2015年に隆大介さんが逮捕された件で別れた」という情報と、「2018年の仕事復帰後に、一緒に住んでいた女性も去った」と話していたことから、情報が錯そうしています。

隆大介さんは、プライベートの事については、情報公開していないようでした。

テレビ番組に出演されていた時は、「今は一人ですけどね。」と話していたことから、以前は妻がいたのかもしれないと想像してしまいますが、妻・子供について、ネット上では、情報公開されていませんでした。

 

隆大介さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

名前:隆 大介(りゅう・だいすけ)
生年月日:1957年2月14日
出身地:東京生まれ。
国籍:韓国
本名:張 明男

(略歴)
1975年に「無名塾」に入塾し、78年「オイディプス王」で初舞台。
1980年に公開の黒澤明監督作品の映画「影武者」で織田信長を演じ、ブルーリボン賞新人賞を受賞。
1982年のNHK大河ドラマ「峠の群像」でエランドール新人賞を受賞しました。

 

まとめ

今回は、「隆大介の顔色が赤いのは病気が原因?若い頃画像も!妻や子供はいる?」と題して、

亡くなられた隆大介さんの顔色が赤いのは病気が原因か、若い頃に活躍していた頃の顔画像などを調べてまとめてみました。

素晴らしい俳優である隆大介さんを若くして失ってしまったので、みなさん残念に思っていましたね。

妻や子供についても気になると思い一緒にまとめて調べてみましたが、妻と子供の情報については、具体的に情報公開されていませんでしたね。

隆大介さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました