人物

竹俣紅の先祖がすごい!国籍は韓国ではなく日本!父親と母親も日本人!

 

フジテレビ新人アナウンサーの竹俣紅(たけまた・べに)さん。

以前は、美人女子高生棋士として「ワイドナショー」に出演したり、お笑い芸人のカズレーザーさんとデートしているところを週刊誌で報じられ、彼氏?付き合ってる?と話題になりました。

あまり知られていませんが、竹俣紅さんの先祖がすごいんです!

そして、竹俣紅さんの見た目が韓国人に見えるので、「国籍は韓国?」「本名の名前は?」と噂されていましたので、竹俣紅さんの両親の父親と母親についても調べてみました。

 

この記事でわかる内容はこちら。

・竹俣紅の先祖がすごい!

・竹俣紅の国籍は韓国ではなく日本!

・竹俣紅の父親と母親も日本人!

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

竹俣紅の先祖がすごい!

元女性棋士でフジテレビの新人アナウンサー竹俣紅さんの先祖がすごいです。

竹俣紅さんの先祖は、伊達政宗の米沢藩の重臣であった竹俣氏です。

上杉鷹山の米沢藩改革に尽くした家系です。

そこから更に遡ると、平安末期~鎌倉時代の武将である佐々木盛綱に辿り着きます!

佐々木盛綱は、なんと源頼朝に仕えた武将で源平の戦いの開戦意志を源頼朝から最初に聞いた人と言われているので、信頼の厚かった人物だと言えますね!

由緒ある武士の家系の末裔の竹俣紅さんは、きっと今まで女性棋士として勝負師としての力を発揮してきたのでしょうね。

竹俣紅の国籍は韓国ではなく日本!

竹俣紅さんの国籍は韓国ではなく日本です。

竹俣紅さんという名前が日本では聞きなれない名前で、「紅」という漢字一文字なので名前が韓国っぽいので韓国人?という噂もありますが、生粋の日本人です。

竹俣紅さんの出身地は韓国ではなく、東京都港区出身で両親も日本人なので、国籍は日本となります。

竹俣紅の本名は?名前の由来は?

竹俣紅さんは、元女性棋士で、現在はフジテレビの新人アナウンサーとして活躍しているので、芸名と思っている方もいましたが、調べてみたところ本名で活動しています。

「紅」という名前の由来は、先祖である山形県の県花(紅花)の名前に由来しています。

竹俣紅さんの名前は父親が名付けたそうです。

竹俣紅の父親と母親も日本人!

竹俣紅さんの父親と母親についても調べてみましたが、両親の国籍も日本でした。

竹俣紅さんの実家は金持ちだと言われており、父親と母親は現在渋谷区内の一軒家に住んでいると言われています。

竹俣紅さんは、小学校が港区青山小学校、中学校が渋谷教育学園渋谷中学校に通っていたので、実家がお金持ちというのは事実かもしれません。

両親の出身地が何県か分かりませんでしたが、竹俣紅さんが生まれた時は東京都内に住んでいましたので、東京で出会って結婚したのかもしれませんね。

竹俣紅さんの先祖が仕えていた米沢藩は山形県にあるので、もしかすると父親の実家が山形県にある可能性もあります。

まとめ

今回は、「竹俣紅の先祖がすごい!国籍は韓国ではなく日本!父親と母親も日本人!」と題して、

フジテレビ新人アナウンサーの竹俣紅さんの先祖や国籍と父親・母親について調べてまとめてみました。

竹俣紅さんの先祖はすごい方でしたね!

そして、竹俣紅さんは韓国人で国籍も韓国?という噂についても調べてみましたが、竹俣紅さんは本名で国籍も日本であることが分かりました。

すごい先祖を持つ竹俣紅さんは、これからアナウンサーとしても活躍が期待されますね!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。