人物

ゼレンスキーは無能?評価がやばい!元コメディアン俳優で頭がお花畑?

 

ロシアが軍事介入しているウクライナの様子が気になりますね。

ウクライナとロシアの関係を簡単に分かりやすく説明すると、

ロシアの元カノだった(侵略・支配していた)ウクライナが現在の彼氏になりそうなEUと仲良くするのが気に入らないのでロシアが怒ってしまったことで起きています。
(ロシアはウクライナのNATO加盟を阻止したい。ウクライナだけは渡したくない。)

 

そこで、ロシアのプーチン大統領とウクライナのゼレンスキー大統領がどんな人なのか注目が集まっていますがゼレンスキー大統領の評判が無能と評価が良くないようです。

 

とっても若く見える元コメディアンで俳優のゼレンスキー大統領がなぜウクライナ大統領になれたのでしょうか?

 

今回は「ゼレンスキーは無能?評価がやばい!元コメディアン俳優で頭がお花畑?」と題して、ウクライナのゼレンスキー大統領が無能なのか?どんな評価が出たのかまとめてみました。

この記事で分かる内容はこちら!

・ゼレンスキー大統領の評判が無能?どんな人?
・ゼレンスキー大統領の評価がやばい!
・ゼレンスキー大統領は元コディアンと俳優!
・ゼレンスキーはなぜウクライナ大統領になれた?

調べてみたら色々なことが分かってきたのでご覧ください!

ゼレンスキー大統領の評判は無能?どんな人?

ウクライナのゼレンスキー大統領は無能という評判です。

ウクライナ大統領のゼレンスキー大統領の評判がこちら!

 

Twitterの声を集めてみました。

ロシア大統領であるプーチンさんが一番悪いけど、ウクライナ大統領であるゼレンスキー大統領が無能だという評判が多く上がっていましたね。

 

ウクライナのゼレンスキー大統領が無能という評判も多い中、「この状況の中、良くやっている」という良い評判も見つけました。

ゼレンスキー大統領の評判は無能という意見が多く上がっていますが、どんな人物なのか気になりますので調べてみました。

ウクライナ大統領のゼレンスキーとはどんな人物?

ウクライナのゼレンスキー大統領とはどんな人物なのか簡単に経歴(プロフィール)とエピソードについてもまとめてみました!

ゼレンスキー大統領のプロフィールはこちら!

名前:ウォロディミル・オレクサンドロヴィチ・ゼレンスキー

職業:第6代ウクライナ大統領

年齢:44歳(2022年2月現在)

生年月日:1978年1月25日

出身大学:キエフ国立経済大学法学部

政党:無所属

ゼレンスキー大統領の年齢は44歳とかなり若いですね!

ちなみにロシアのプーチン大統領の年齢は69歳

ゼレンスキー大統領とプーチン大統領がかみ合わないのは年齢が離れているのも関係があるのかもしれません。

ゼレンスキー大統領の当時のエピソード

ゼレンスキー大統領の当時の印象的なエピソードをご紹介します!

大学卒業後はコメディアンの道に進み制作会社Kvartal 95を設立しました。

映画、漫画、テレビ番組を制作してゼレンスキー大統領も役者として参加しています。

2015年から2019年にかけてウクライナで放送された『国民の僕』は、ゼレンスキー大統領がウクライナ大統領役を演じて作品も絶大な人気を博しました!

 

ゼレンスキー大統領はまさか自分が当時演じたウクライナ大統領になるとは思ってもみなかったでしょうね!

しかし、今回のウクライナのゼレンスキー大統領に対しては批判的な評価が多いように思います。

ゼレンスキー大統領の評価がやばい!

調べてみたところゼレンスキー大統領はウクライナ国民の評価もやばいようです。

ウクライナのゼレンスキー大統領選に立候補したのは2019年でした。

現職のペトロ・ポロシェンコを破り当選しています。

国民から絶大な期待を持たれていたゼレンスキー大統領ですが、その期待はだんだん薄れてきているようです。

その理由は3つ。

1つ目は、ロシアにナショナリズムを煽ってしまい怒らせてしまったこと。

2つ目は、態度が大きく出るようになった(権威的な振る舞いを見せるようになった)

3つ目は、元コメディアンと俳優出身なので政治に対しての知識や経験や行動が大統領として伴っていない所。

汚職にまみれたウクライナを立て直してくれると期待されていたヒーローのゼレンスキー大統領ですが、国民の評価がだんだん下がってきているようです。

政治家になると態度が大きくなってしまうのかもしれませんね。

ゼレンスキー大統領は元コディアンと俳優!

先ほどもお伝えしたようにウクライナのゼレンスキー大統領は元コメディアンで俳優でもあります。

しかもただの俳優ではなく、国民的人気のコメディアン俳優でした!

大学時代はキエフ国立経済大学で法律を学び学位も習得していますが、コメディアン(コメディー)という全く違う道に進みました。

ドラマ「国民の僕」の内容を簡単に説明すると以下のようになります。

中学校の歴史教師が国の腐敗に怒りを爆発させる様子がSNSで拡散され、大人気になり、なんと大統領にまで上り詰めます。

政治経験が全くない元教師の大統領と友人が「国民の僕」として腐敗した政治勢力や財閥と戦っていくという物語の内容です。

まさに現在のゼレンスキー大統領の物語のようですね!

ゼレンスキーはなぜウクライナ大統領になれた?

コメディアンと俳優出身のゼレンスキー大統領はなぜウクライナ大統領になれたの?と疑問に思う人も多いと思います。

ゼレンスキー大統領がウクライナ大統領になれた理由は、ドラマ「国民の僕」でウクライナ大統領として演じる姿がウクライナ国民に浸透していたからです。

当時のウクライナは政治家の汚職が蔓延しており、国民が政府に対して不満が多く上がっていました

そこに当時コメディアンと俳優をしていたゼレンスキーが登場します。

大人気ドラマ「国民の僕」でウクライナ大統領を演じ、政治経験がないにもかかわらず当時のウクライナ政権と戦うとゼレンスキーは宣言しました。

大人気のドラマ「国民の僕」でウクライナ大統領として活躍するゼレンスキーのかっこいい姿を見ていた国民にとっては、汚職ばかりのウクライナ政治を一掃してくれる期待の星だったのだと思います。

そういった経緯もあってウクライナの世論を勝ち取り、他の政治家をリードして、現在のウクライナのゼレンスキー大統領としての地位に就くことを可能にしました。

コメディアンで俳優のゼレンスキー大統領が一番驚いた結果かもしれませんね。

まとめ

今回は「ゼレンスキーは無能?評価がやばい!元コメディアン俳優で頭がお花畑?」と題して、ウクライナのゼレンスキー大統領が無能なのか?どんな評価が出たのかまとめてみました。

Twitterを見てみると、ウクライナのゼレンスキー大統領の評判や評価が見れますが、多くの人がゼレンスキーは無能?と言っていましたね。

ウクライナ国民の中での評価も下がっており、海外の反応もいいものが見つけられませんでした。

ゼレンスキー大統領がコメディアンや俳優をしていたころ、「国民の僕」のドラマの大統領約のイメージが国民に強く残っていたことがゼレンスキー大統領への期待にも繋がったのではないでしょうか?

早く落ち着くことを願うばかりですね。