政治

海部俊樹の現在や年齢は?学歴と経歴や出身地などのプロフィールも!

 

海部俊樹(かいふ・としき)元首相は、1989年8月から91年11月にかけて首相を務め、衆院当選16回で在職期間は48年間でした。

そんな海部俊樹元首相が注目されていますが、海部俊樹元首相がどんな人なのか何をした人なのか知らない方も多いと思い調べてみました。

今回は「海部俊樹の現在や年齢は?学歴と経歴や出身地などのプロフィールも!」と題して、海部俊樹元首相の現在の年齢や学歴と経歴や出身地などのプロフィールについて調べてまとめてみました!

この記事でまとめた内容はこちら!

・海部俊樹の現在は?年齢は?どんな人?
・海部俊樹の学歴と経歴!
・海部俊樹の出身地などのプロフィール!

それではさっそく本題に入って行きましょう!

海部俊樹の現在は?年齢は?どんな人?

海部俊樹元首相の現在は、日本テニス連盟会長、大正琴協会理事長、日本ティーボール協会会長を務めています。

海部俊樹元首相の年齢は91歳です。

海部俊樹元首相はどんな人?

海部俊樹元首相は昭和生まれ初の首相で政治改革に意欲した首相でした。

海部俊樹元首相に関する報道では元総理に対する悪い報道が多いですが、SNSで海部俊樹元首相の人物に関する声を集めてみました。

SNS上の声を集めてみたところ、

「海部俊樹元首相は人柄が温厚で比較的クリーンなイメージ。」

「湾岸戦争の時の首相」

「ドタバタな内閣」

「良心的な首相」

というように、悪いイメージの報道もありますが、海部俊樹元首相に対していい印象やイメージを持った人もいました。

海部俊樹の学歴と経歴!

海部俊樹元首相の学歴と経歴をご紹介します!

海部俊樹の学歴

海部俊樹元首相の学歴はこちら!

1948年:旧制東海中学卒業(現・東海中学校・高等学校)卒業。

1951年: 旧制中央大学専門部法科卒業、法務省に事務官として入省。

1952年:河野金昇代議士の秘書をしながら新制早稲田大学第二法学部法律学科3年次に編入学、在学時は雄弁会に所属(副幹事長に就任)。

1954年:早稲田大学第二法学部法律学科卒業、法学士号取得。

1956年:早稲田大学大学院法学研究科修士課程中途退学。

 

海部俊樹の経歴

海部俊樹元首相の経歴はこちら!

1931年に愛知県名古屋に誕生。
1951年:河野金昇衆議院議員秘書を務めた
1958年:河野孝子衆議院議員秘書
1960年:衆議院議員(~2009年)
1966年:労働政務次官(~1967年)
1974年:内閣官房副長官(~1976年)
1976年:文部大臣(~1977年)
1985年:文部大臣(~1986年)
1989年:自由民主党総裁(~1991年)
1989年:内閣総理大臣(~1991年)
1991年:大蔵大臣(~1991年)
1994年:新進党党首(~1995年)
2000年:保守党最高顧問
2002年:保守新党最高顧問
2009年:政界を引退

1931年に愛知県名古屋市で生まれました。

父親が名古屋市で写真館を経営する家でした。

1960年に29歳の若さで衆議院議員に初当選し、内閣官房長官や文部大臣にも就任しました。

そして、1989年第76代内閣総理大臣に任命されます。

歴代の総理としては、菅総理と同じく父親が政治家ではない総理大臣として注目されました。

海部俊樹元首相のトレードマークとして「水玉のネクタイ」も話題になり、身近に感じる人が多くいました。

政治に対しては一貫した政治態度に好感を持つ支持者もいましたが、自社連立に反発し自民党を離党し、新進党の党首となります。

その後自民党最高顧問などを経て自民党に戻りました。

そして海部俊樹元首相は2009年に政界を引退しています。

海部俊樹の出身地などのプロフィール!

海部俊樹の出身地などのプロフィールはこちら!

名前:海部俊樹(かいふ・としき)

生年月日:1931年1月2日

出身地:愛知県名古屋市東区七曲町(現・東区東桜1丁目)

年齢:91歳

家族:妻、子供が2人(長男・息子、娘・長女)

 

まとめ

今回は「海部俊樹の現在の年齢は91歳!学歴と経歴や出身地などのプロフィールも!」と題して、海部俊樹元首相の現在の年齢や学歴と経歴や出身地などのプロフィールについて調べてまとめてみました!

海部俊樹元首相の家系図や家族についてはこちらから!

海部俊樹の家系図がすごい!家族は妻と子供で息子はアニメプロデューサー! 第76・第77代の首相を務めた海部俊樹(かいふ・としき)元首相は現在の年齢91歳です。 海部俊樹元総理大臣の家系図がすごい...
海部俊樹の自宅は千代田区のマンション!事務所はさかなクンと同じ! 1989年8月から91年11月にかけて首相を務めた海部俊樹元首相は、湾岸戦争の時の内閣ということで覚えている方も多いのではないで...