政治

国葬反対署名はどこでできる?オンライン署名のやり方!本名以外でもOKか調査!

 

2022年9月に予定されている安倍晋三元首相の国葬が連日話題になっています。

特に高額な国葬費用に反対する人が日に日に増してきている印象ですね。

国葬の費用は今まで2億円と言われていましたが6日に発表された国葬費用がなんと16.6億円にも及び多額の税金が使われるとが判明!

統一教会問題と同様に国葬費用に反対する人が今後もかなり多くなりそうですね。

安倍晋三元首相の国葬に反対したい人は今すぐ署名をしたいですが、国葬反対署名がどこでできるのか、本名以外の署名もいいのか、国葬反対署名のやり方を調べてまとめてみました。

この記事で分かる内容はこちら!

・国葬反対署名はどこでできる?
・国葬反対署名のオンライン署名のやり方は?
・国葬反対署名は本名以外でもOK?

それではさっそく本題に入っていきましょう!

国葬反対署名はどこでできる?

国葬反対署名はどこでできるか調べてみたところ2つの方法でできることが分かりました。

①オンライン署名
②街中の街頭署名

街頭署名の様子がこちら!

オンライン署名の様子がこちら!

安倍晋三元総理の国葬に反対署名する人の中には16.6億円にも及ぶ国葬費用に憤りをかんじている人も多いようです。

最初に提示された国葬費用は約2億円でしたが、9月6日に発表された国葬費用が16.6億円ということで怒りたくなるのも十分分かりますね。

今すぐ国葬費用署名したくなった人もいるのではないでしょうか?

次で簡単にできるオンライン署名のやり方をご紹介します。

国葬反対署名のオンライン署名のやり方は?

国葬反対署名の中でも手軽にできるオンライン署名のやり方が知りたいと思う人も多いのではないでしょうか?

国葬反対署名のオンライン署名は「change.org」というサイトで受け付けています。

国葬反対署名のやり方はこちら!

【国葬反対署名のやり方】

国葬反対署名サイト「change.org」を検索
②必要事項を入力する(名前・Eメールアドレス)
③チェック項目を確認する
④「今すぐ賛同」をクリック
⑤登録したメールアドレスに届くURLをクリック

9月6日15時時点で約17万人が国葬反対(中止)署名にサインしています!

20万人目前ですね。

登録したメールに署名認証のメールが届くので必ずURLをクリックしてくださいね。

 

国葬反対署名は本名以外でもOK?

国葬反対署名をする時に名前を本名で書かないといけないのか気になりますね。

結論から言うと、国葬反対署名は本名でなくても署名できます

国葬反対署名の名前は実際のところ、戸籍やパスポートに記載されている実名主義ではありません。

 Change.orgでは、「戸籍やパスポートなどに記載されている本名使用を義務化する」いわゆる実名主義はとっていません。あなた本人と紐づく名前であれば、通名や芸名、ペンネームなど、望む名前を使ってアカウントを作ることができます。
署名をするためには個人名義を使って頂くことになりますが、署名キャンペーンは団体名義として立ち上げることも可能です。(中略)Change.orgとしては、多様な人々が声をあげやすい環境をつくるためにも、いわゆる「本名」に限定しないスタンスをとることが必要だと考えています。

【引用元:https://note.com/change_jp/n/n5fb20ff68da9

 

多くの声をあげやすい環境を作るためにも本名に限定していないようです!

本名を書くのに抵抗がある人も国葬反対署名にサインできるということですね。

ただし、国葬反対署名は個人名義が必須となっています。

 

統一教会問題や多額の税金が国葬に使われる事を疑問に思っている人は今すぐ意思表示できそうですね。

まとめ

今回「国葬反対署名はどこでできる?オンライン署名のやり方!本名以外でもOKか調査!」と題して調べてまとめてみました。

2022年9月6日に発表された国葬費用はなんと16.6億円ということで、高額な税金が使われることが分かって驚きを隠せませんね!

オンライン署名の「change.org」のやり方は簡単なので国葬反対署名したい方はすぐできることが分かりましたね。

ただしオンライン署名の「change.org」で国葬反対署名が集まっても、法的な拘束力はないようです。

ですが国葬に反対している人がこんなにもいる!という数字をアピールできそうですね!