テレビ番組

アナ雪2エルサが凍る理由が判明!エルサの正体は精霊だった!

 

『アナと雪の女王2』のネタバレを先に話してしまうと、

エルサの正体が第5の精霊だった事が明らかになりました。

エルサが精霊なんて少し信じられない感じもしますね。

アナ雪2では、なんとエルサの母親(イドゥナ)の正体がノーサルドラという森で自然の恵みによって生活する種族で、過去にはノースアイランドと戦ったこともある敵対国であったことも明らかになりました。

そんなエルサとアナの母親と父親である国王は種族の壁を乗り越えて結婚した2人だったのですね。

そこで今回は「アナ雪2エルサが凍る理由が判明!エルサの正体は精霊だった!」と題して、アナと雪の女王2でエルサが凍る理由やエルサの正体についてまとめてみました。

この記事で分かる内容はこちら!

・【アナ雪2】エルサが凍る理由が判明!
・【アナ雪2】エルサの正体は精霊だった!
・【アナ雪2】エルサの正体はいつか精霊だった?

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

【アナ雪2】エルサが凍る理由が判明!

アナと雪の女王2でエルサが凍る理由は、精霊になる過程であったと推測されます。

エルサが人間から氷の精霊になるためには、エルサ自身が一度凍ることで真実の姿になることができたのだと思われます。

アートハランは凍っているので、そこに向かうためにエルサは一度凍って精霊になる準備をしていたのかもしれませんね。

【アナ雪2】エルサの正体は精霊だった!

『アナと雪の女王2』でエルサの正体が第5の精霊だったことが明らかになりました。

自然と人間の架け橋になっているのが第5の精霊です。

実際エルサは髪型が変化し、人間離れした白い髪の毛に変わり、エルサの服装も水色のドレスから白いドレスに変化しています。

精霊と言うことは、人間ではなかったということになりますが、果たしてエルサはいつから精霊だったのでしょうか??

【アナ雪2】エルサの正体が精霊なのはいつから?

アナと雪の女王2でエルサの正体が第5の精霊だと判明しましたが、精霊になったのは、いつからなのか気になった方も多かったではないでしょうか?

エルサが精霊になったのは、あなと雪の女王2でエルサがアートハランという記憶を持つ湖に来てからだと推測されます。

エルサは記憶を持つ湖であるアートハランの事を知った時から、エルサに変化が起きます。

エルサとアナの両親が、エルサの魔法の謎を解き明かすために向かった場所を知ったきっかけです。

アートハランについてからエルサは人間離れした容姿に変化しました。

アートハランに着たことでエルサに変化が起こり、真実の姿が判明するきっかけになったのだと思われます。

まとめ

今回は「アナ雪2エルサが凍る理由が判明!エルサの正体は精霊だった!」と題して、アナと雪の女王2でエルサが凍る理由やエルサの正体についてまとめてみました。

アナと雪の女王2で水は記憶を持ってるというのがキーワードでしたね。

エルサの正体は第5の精霊ということで、髪型や服装も変化しました。